ワゴンR MH34S ATOTO S8 バードビュー/サラウンドビュー バックカメラ【設定見直し編】

2021年5月7日

どうもワゴンR MH34S ATOTO S8 バードビュー/サラウンドビュー バックカメラ【レビュー編01】、最初のキャリブレーション結果が気に入らなくて、再度キャリブレーションしてみることにしました。

どう気にいらないかというと、バック時の映像がやや助手席側によっているんです。5cm~10cmぐらいかなぁ。レビュー編01では、シートを置く位置が悪かったのかな?と感じておりましたが、具体的にどうすれば正解なのか、調整がてら調べてみました。

トップの画像は森の中でみかけた、苔のついた切り株です。ジブリの世界の様な。。ちょうど新緑の山に出かけた頃の記録という事です。

Point1 日差しが強いとNG

ATOTO S8 バックカメラ 日差し強すぎ キャリブレーションNG

さて、調べ始めてみたのはよいのですが、キャリブレーションが成功しないんです。失敗ばかり。何度かやっていてわかった事は次のことです。

  • 日差しが強いと成功しない!! 画像の様に強い日差しが当たっていると何度やっても成功しませんでした。
  • 失敗確定には30秒ぐらいかかる気がします。
  • 成功するときは10秒もかからないです。
  • シートとバンパーの距離は、ラフでも大丈夫そうです。手前センターの■が見えても見えなくても大丈夫でした。
ATOTO S8 バックカメラ 日差し強すぎ キャリブレーションNG 一部が明るくてもNG

こんな感じで一部が明るいのもだめでした。画像の暗い所に移動して全体が暗めになったら、さくっとキャリブレーションOKになりました。

Point2 センターを合わせるのはカメラ位置でない

バードビュー/サラウンドビューの車両位置が5~10cmぐらい助手席寄りになっていたのは私の理解違いが原因だった様です。カメラの位置をマットのセンターに合わせていたのがNGでした。マットのセンターマークは、車両のセンターに合わせるのが正解でした。

どう補正しているのか?考えてみました。バードビュー/サラウンドビューで表示される車両の絵のセンターをどこにするか? を補正する設定でまず間違いないという結論に至りました。

  • カメラが車の真ん中にあれば、位置調整は不要
  • カメラが10Cm助手席側にある。無補正の場合バードビュー/サラウンドビュー上の車両の絵は、カメラ位置をセンターにして描かれるので、車両位置が助手席側に寄る!!
  • 「画像の中央揃え」でセンターを画像の青線から赤線にずらして調整=バードビュー/サラウンドビュー上の車両の絵の中心を赤ラインの所に描くということですね。

ちょっとよく分からなくなってしまった部分が実はあります。前述では断定していましたが、「画像の中央合わせ」で青い位置にあったラインを赤い位置にした記憶ですが、どうも実際の位置関係とは逆な気がしてならないです。で、よくよく見ていると、この画像よく見ていてら鏡像っぽいんですよね。調整時の位置関係がよく分からなくなっています。

そしてまた気づいてしまいました。左右ばかり気にしていましたが前後の合わせをしていなかった!!またやり直しか。。。がびーん。

手動でキャリブレーションできないので、30秒ぐらいたってキャリブレーションが失敗すると焦ります。また、いちいちキャリブレーション用シートを広げるのが結構手間ですねぇ。位置調整は、再度キャリブレーションしなくても、調整できるようにソフトをアップデートしてもらえないだろうかなぁ。。

調整結果は、左右の間隔はかなりビューどおりになっています。

教えてあげてもいいけど