ワゴンR MH34S ATOTO S8 バードビュー/サラウンドビュー バックカメラ【取付編】

2021年4月18日

2021年4月4日2021年4月5日

ATOTO S8 バックカメラ

ATOTO S8のバードビュー/サラウンドビュー バックカメラをワゴンR MH34Sに取り付けたときの記録です。いやぁ、調査編で簡単に取り付けられるだろうと言っていたのは、ちょっとばかり安直でしたね。カメラのハウジングをはめ込むリアゲートノブのパーツは結構削りました。カメラが出っ張ってしまったので、雨降ったら水滴で見づらくなるのだろうか?

ワゴンR MH34S バックカメラ配線 ATOTO S8接続 ナビ側配線

G232コネクタ
端子番号 配線色 配線名称 基準電圧 状態
1 BLK アース 約0 V 常時
2 バックアイカメラアース 約0 V 常時
3* RED バックアイカメラ信号 約0 V バックモニタ画像非表示時
上記以外の状態は基準波形を参照する。映像信号(1)
4 WHT バックアイカメラ電源 約6 V イグニッション:セレクトレバーRレンジ
約0 V 上記以外
5 BLK アース 約0 V 常時

純正のバックアイカメラは6V駆動です。純正のナビから6Vが出力されていた様です。ATOTO S8は6V出力は無いので、ATOTOのAC-HD03に変える前は、USB変換アダプタの5Vから純正のバックアイカメラを電源を配線していました。ATOTOのAC-HD03は12Vなので電源確保先を変更しました。
ナビ➡カメラの配線は画像と表のとおりです。この記録を書いていて気づいたのですが、カメラの電源はRレンジの時だけONなんですね。常時ON(ナビのイグニッション12V入力)に配線してしまったので見直しですね。
配線画像の上の方にちらっと映っている、ナビのG243コネクタのNo3(ピンク)のバック信号に変えようと思います。

ワゴンR MH34S バックカメラ配線 ATOTO S8接続 カメラ側配線

バックアイカメラ側の配線の説明がサービスマニュアルを探しても見つからなかったんです。導通テストで確認しました。

赤:カメラ信号+
橙:カメラ信号GND
白:カメラ駆動電源+
黒:カメラGND

今回、のんびりやりすぎて暗くなってきてしまったので、純正復帰を考慮せず、カット&ハンダ付けで接続しました。ATOTO AC-HD03側の配線をカットして、車両側の配線とはんだ付けする前の画像を記録しておきました。

ワゴンR MH34S バックカメラ取付加工 カメラハウジング加工

ハウジング左上のネジ穴の凸部分をそぎ落としてます。画像では見えませんが右下のネジ穴も同様に凸部分をそぎ落としました。

ATOTO AC-HD03に付属していたステーを使ってカメラのハウジングに固定するため、極小のネジ穴を2ヶ所開けました。またネジ穴とネジ穴の間は、カメラの出っ張りを逃がす様に削りました。ハウジングに組んで、リアゲートドアノブに取り付けた画像が無いので、後日、残しておこうと思います。

防水とガタツキ防止で両面テープを貼っておきました。

ワゴンR MH34S バックカメラ取付加工 リアゲートノブパーツ加工

最終的には、こんな感じで落ち着きました。カメラの上部と下部の所は結構削りました。当初は何もしなくても収まると見込んでいましたが甘かったです。想定していた時間より2時間近く多くかかってしまいました。

リアゲートの部のパーツを取り外して、カメラの上下の部分を削りました。感覚的には3mmぐらいずつですかね。削る前の画像を残していませんでした。

ハウジングのツメが引っかかる内側のこの部分も少し拡張しました。

取付完了 動作確認

おー ネットで見た映像が出てきました。まだキャリブレーションしていないので魚眼レンズ感がすごいですね。週末までこの状態かな。。

おまけ スマートキー/キーレスのアンテナですかね

リアゲートのドアノブの所に収まっていました。スマートキーのアンテナでしょうね。後付けスマートキーで使用している、スマートロックマンのアンテナと同じ様な形状をしていたのでびっくりしました。

教えてあげてもいいけど