ワゴンR 表示切替SW ステアリングSW化 【失敗】

エリシオン ステアリングスイッチ
エリシオン ステアリングスイッチ ラスト解体時

このステアリング右側の黒いスイッチ。これが便利だったんです。
メーターを開けて細工する必要がありますが、エリシオンではこのスイッチでメータの表示切替がで切る様にしていました。

これがほしい!!

しかし一旦断念しました。でも、格安のメーターを買って作戦を練ります。

ワゴンR MH34S メータ取り外し 最終状態

この状態になると、下部左右のネジとメーター上部のつめ2ヶ所だけなので、簡単に外れます。

ワゴンR MH34S メーター分解

さて、ここからが本題で。。表示切替スイッチの接点を探すのです。

メーター裏基板の接点をあたりたいのですが、メーター裏のカバーが外れません。針のついている前面のカバーは外したくなかったんですけど、どうしても外れない所があったので、全面を外したところ。。画像右側のとおりネジが2本ありました。

ワゴンR MH34S メーターさらに分解

あつ、裏側の基板の画像がなかった。

表示切替スイッチ付近のメーター裏の接点、どこをあたっても変化が無いんです。回路図上はSWをプッシュするとGNDに落ちる回路図なんですけど。。

次なる手は、針を全部外して、基板の前面で探すしかないです。

恐る恐るFUELの針は外しましたが。。。スピードとタコは、いじるのやめました。ある程度は見えたのですが。。一旦断念

➡格安の同じメータを買って調査しるべし!!

DENSO製でした。

ワゴンR MH34S メータ外し方 ワンポイント

ちょと以外だったのですが、こを外さないと右側のナビのところのパネルが外れません。また、こいつがカタくて。。ネジはありませんでした。とにかく爪が固い!!

ナビを外した穴から右手をボックスの裏に入れて、後ろからおしつつ手間にひいて外しました。多分寒いときに初外しすると、爪折れますね。

関係ないですけど。イイ感じ。生きてそう。