ワゴンR MH34S ドラレコバックカメラ取付【DIY】

リアゲート付近の配線

バックミラータイプのドラレコなので、バックミラーの所からドアモールの上部づたいにリアゲート付近まで配線を持ってきます。

リアゲートの配線がとおっているゴムを外してその中を、バックカメラの配線2本を通します。黄色〇のラインです。

配線通しの必殺技

シリコンスプレーと配線通し+ビニールテープ止めですね。配線通しがなければ針金でもOKです。
シリコンスプレーは、冬にスコップの雪落とし用で170円ぐらいで売っていたものです。

リアゲートから配線を出す場所

このグロメットに切り込みを入れて中心に穴をあけました。リアゲート回りのモールの隙間からの水漏れがちょっと心配でしたが、ウェザーストリップ(モール)が立ち上がっていて、雨漏りしない様にできている様です。

バックカメラの貼付け位置 困った

こうできればよかったんですけどね。これはエリシオンの時の取付です。天井と並行な黄色いスペースがあれば困らないのですが、ワゴンRにはないのです。
しばらくは天井側にゴムの1cmぐらいの台座をつけて、様子をみていたのですが、雨が降るとワーパー内を映してなく、水滴がじゃまな事が分かりました。

バックカメラの貼付け位置 解決

バックカメラのステーの取付位置を変えて、リアウィンドウに貼り付けました。画像のステーをもっと左側方向に立ち上げると、垂直に近いリアウインドウにステーを貼り付けても、カメラがよさそうな角度で設定できるのが分かりませんでしょうかね?

後日画像はアップしようかな。

もっておきたい道具

両面テープは取付位置を仮決めして様子を見るのにしょっちゅう使います。当然ハサミも必要です。わりと登場するのが先の細いデザインカッターですね。結構つかいますね。