ホイール回りメンテナンス ローターのサビ、ホイールの腐食 補修

2008年 ローター錆対策 After

 雪国ですので年に2度、タイヤ交換する機会があります。タイヤ交換ついでに、気になる所をメンテします。ロータのサビ補修とアルミホイールの腐食の補修のメンテ(予定)について紹介したいと思います。

ローターのサビの補修

ローター錆対策 Befor

 ホイールの隙間からサビが見えるんですよね。雪が降ってしまえばそんな事は気にならないですけど。。。ホイール外した時にコンナニ錆ているのを見ると、何かしておいたが方がいいのかと思って、時々サビ止めしています。

絶品 Holts SABI CHANGER サビチェンジャー

 この塗料、ボトルから見えるとおり薄っすら黄色い色をしています。クリームっぽい感じで、サビている所に塗って10分ぐらいすると黒くなります。

 11年も前に購入して時々使っていました。11年経っても使えました。ただ、ボトルから塗料を出した時点で、塗料に粘り気のあり塗りづらかったです。ちなみに、今回新品も使いましたが、ボトルから出すと、割とすぐに粘り気が出てきて塗りづらいので、ボトルか出す量は少なめにして作業した方がいいです。・・錆を黒色に変えるため空気に触れると変化する塗料なんだと思います。

 11年間で、エリシオンのローターを5,6回塗ったかなぁ。。他に原付のマフラーにも時々塗っていました。見た目少し汚くなってきますが、長期保管も耐える様ですから捨てずに使い切った方がいいと思います。

Holts サビチェンジャー ひと工夫

 前に出てきた画像の②のカップがオマケでついてきますが、安定感が悪く使い勝手が悪いので、洗濯洗剤の計量スプーンを使っています。また、ハケもついてきましたが、ローターを塗るには細いので別のハケを用意した方がいいです。

サビチェンジャーの塗装の時に使います。

アルミホイールの腐食の補修

耐水ペーパー Befor
耐水ペーパー After

 今回はお試しです。耐水ペーパー200番台ぐらいから思い切ってスタートして、400番→2000番と擦ってみました。一部だけお試しです。確実にキレイになる事は分かりました。

 ちょっと横道にそれますが、このスタッドレスタイヤのホイールは2014年購入の様です。5シーズン使ってますね。ちなみにスタッドレスタイヤは高いので、エリシオンの標準サイズより幅の狭い物を使っています。205/65R16とかを使っています。標準は 215/60R17 ですね。

アルミホイールがクリア塗布されているとかいないとか

 擦ってみて分かったのですが、クリア塗装されているんですね。ちょっと調べてみた所、クリア塗装されていると腐食するそうですね。クリア塗装はキレイなつやが得られる反面、腐食する事を知りました。

 クリア塗装していないと、腐食はしないけれど白ボケするそうですね。ただ、時々ピカールやコンパウントでメンテしていれば、それなりにキレイに保てるようです。

腐食の補修 【結論・予定】

ということなので、お正月のお休みに時間を持て余す様なら、クリアを全部剥いでしまおう。1日ぐらいのんびりやればキレイになるでしょう。ついでにFITの方もやってしまおうか。。

ナット早回し工具

 やはりタイヤ交換ではこいつが活躍します。重宝しています。