ミラー型 ドライブ レコーダー ブラケット 対向式ワイパー【エリシオンに流用DIY】

セーフティーセンサー搭載車用ドラレコ取付ブラケット流用【DIY加工編】

手前の GrennGee のドラレコは純正ミラー交換タイプではなく、純正ミラーにゴムでとめるものです。ブラケットをドラレコに直接ネジ4本でとめるのは、筐体が鉄製という事もありやめました。➡加工のしやすい合板を使う事にしました。黄色の板です。

ドラレコミラー取付台座の加工(純正ミラーの代わりに使うものです)

黒いスプレーで塗って穴をあけました。中々ここまで太いドリルの刃はないので、ある程度の太さのドリルで穴をあけて、後はホルソーという穴を広げる道具で手動でホジホジしました。

ブラケットに配線を通すための加工

バックカメラケーブル(小さい方)とUSBの給電ケーブルを通さないとなりません。結構頭の部分が大きくてブラケットのケーブルを通す穴が通りません。

この様に小さい穴なのでバックカメラケーブルですら通りません。

ヤスリを使って穴を拡張します。クネクネ曲がった部品は2本あったので失敗しても大丈夫です。思い切って削ってしまいます。でも削りすぎて強度が無くならない様にという点は気にしました。左側がBefor、右側がAfter= 完成バージョンです。まあ1時間ぐらいチマチマやっていましたかね。。人生のうちヤスリで削る作業にどのぐらいの時間を費やしているのだろうか。。

純正ミラーの取付アームの外し方

ちょっと説明手抜きしてしまいます。カバーが左右に爪でひかっかっています。 内張剥がしなどでちょっとコジってやれば外れます。カバーを外したら上に下側にある爪を押して、アーム自体を上方向にスライドして外せます。カバーさえ思い切ってはずせれば構造が分かると思いますので、すんなり外せると思います。

また後日追加説明しようと思います。

関連ページ