洗濯機のふろ水ポンプが故障したので、汎用のふろ水ポンプで 修理 DIY!

2019年10月5日

「お風呂の水吸い上げなくなった。。」と言われたので調べてみました。どうもふろ水の給水モータがダメになったみたいです。古い洗濯機なので交換部品なさそう。。さてどうしたものか。。
 この内容は冒頭の画像を見て、なるほどね!と思える人向きの内容です。画像見てピンとこなかったらスルーしてくださいな。

汎用のふろ水ポンプを外付けにしてリレー駆動して解決!

 ということは思いつくのですが、車の電装関係はDIYをするので直流は慣れているのですが。。交流は怖い! 交流リレーでなおかつ水場。感電とか火災とかトンでもなく心配。慎重に進めました。

ふろ水ポンプの給水モーターが、黄色い四角枠のケースに入っていました。モーターを取り除いて、リレーを中に突っ込みました。もちろん防水対策バッチリしました。リレー駆動は青字で示し場所のコネクタを使いました。

給水モータケース内にリレーをIN!

リレーの先にふろ水ポンプ電源を接続

③が通電すると②➡①に100V交流が流れる。という単純な事です。
コンセント①に給水ポンプの電源を接続します。
コンセント②は普通に壁のコンセントに差し込みます。
洗濯機はふろ水ポンプで給水するタイミングになると、①の赤黒のラインに通電します。リレーはこの通電をによって②➡①を通電させます。

 AC100Vのリレーはこんな感じのものを試用しました。
 ネットは送料がかかり案外高価になります。地元の電子パーツ屋さんで1,000円ぐらいで購入しました。

ふろ水ポンプの仕様で重要な事が!

電子式のスイッチは多分ダメです!

ふろ水ポンプの電源です。メカ式のスイッチになっているものを選択しました。 機械式なら常時ONにしておいてリレーでON/OFFをコントロールすることができます。

私の使ったものはこの商品だと思います。実際のものは次の画像です。

こっちのタイプは安価なのですが、画像をよくみるとON/OFFがソフトスイッチスイッチっぽいのです。どうも常時ONにできそうにない気がしたので、こっちのタイプは選択しませんでした。

使用感

 やはりふろ水ポンプが使えるのは助かります。ちょっと残念なのは、吸水力が洗濯機についていたものよりも弱い所です。正確に計測していないですが、なんとなく聞いている感じでは1.5倍ぐらいの給水時間がかかっているんでは?と思っています。
 この修理をしたのは2年ぐらい前ですが、快調にトラブルなく動いています。ときおり「給水しないんだけど。。」と言われて確認してみると、スイッチがOFFになっていたとか、給水ホースの先端にゴミが詰まっていたり。。とかいうオチです。

おまけ

 給水ポンプの電源を動かす前に、電球で実験したものです。

お願い!

交流電源は失敗すると火災を引き起こす場合があります。くれぐれも自己責任でお願いします!

DIY色々

Posted by ozxys.xyz