ヘッドライトの黄ばみ対策 ウレタンクリア塗装 【塗装編】

2019年2月14日

ヘッドライト黄ばみ対策_After01

作業工程全体

以下の工程で作業しました。詳細はそれぞれ注意点等含めて記録しておきます。
【準備編】←別のページ
・塗装前処理 耐水ペーパーで研磨
・塗装前処理 コンパウンドがけ
・塗装前処理 水洗い [ここまで3時間ぐらい]
【塗装編】←このページ
・塗装 [2時間ぐらい]
・乾燥 [2.5日ぐらい]
・塗装後仕上 耐水ペーパーで研磨
・塗装後仕上 コンパウンド仕上磨き [ここまで4時間ぐらい]

塗装

塗料はイサム ウレタンクリアーを使いました。ホームセンターで購入したら2,600円ぐらいしましたがアマゾンのプライム会員の方は、アマゾンで買われた方が安上がりですね。

ヘッドライトウレタンクリア加工_こんな環境で作業しました

実はこんな環境で塗装しました。
気温は0℃ らい湿度は90%ぐらいです。 15分ぐらいおきに 4回重ね塗りしました。最初は薄く塗っていたのですが、ウレタンクリアでコーティングする厚みが必要なのと、塗料が余りそうだったのと、面倒になってきたことで、1回の吹付量はだんだん多くなりました。4回目は吹きすぎてしまい、一瞬白っぽくなってしまったので焦りました。少ししたら白っぽいのは落ち着きましたが、広範囲に垂れてしまいました。また全体もゆず肌になっていました。

でも大丈夫です。適当にやっていても、しっかり乾燥させて仕上げ磨きをして、どうにかなりました。

ヘッドライトウレタンクリア加工_1回目はざっと吹きました

1回目の吹付は、普通に塗装する要領で薄くぬりました。正解なのかどうかは分かりません。

ヘッドライトウレタンクリア加工_垂れます

4回目の塗装で垂れました。垂れる前このあたりは白っぽくなって焦りました。吹付量が多かったからでしょう。少しするとおちついて、こんな垂れた所ができました。エリシオンのライトは大きいですが、多分20割ぐらいは塗装が残ったと思います。これが適切な量だったのか不明です。缶には1平方メートルと書いてありましたので、よさそうな感じだと思うのですけど。

ヘッドライトウレタンクリア加工_ゆず肌になります

ゆず肌分かりますかね。こんな風にぼつぼつな感じになりました。
あと結構ホコリもついていました。

乾燥

ヘッドライトウレタンクリア加工_乾燥スペースの準備

重ね塗りをするときも10分~20分間、ここで乾燥させました。 実際にはヘッドライトの前にも衝立(ついたて)を立てました。
ファンヒーターの設定はLo、控えめ運転です。温風を段ボールで受ける様にしました。段ボールはライトを購入したときに梱包されていたものです。

温度:15度ぐらい、湿度は50%ぐらいで2日~3日ぐらい乾燥させました。
温度計を置いて温度や湿度を時々チェックしていました。

塗装後仕上

耐水ペーパーで研磨

ヘッドライトウレタンクリア加工_垂れたら削ります


画像の中心少し右側の陥没部分ですが、とびっきり垂れ他ヶ所があったので、カッターで垂れた部分を削ってみたら、えぐれてしまってコーティング全体が取れてしまった所です。画像は、えぐれてし待った後に、残っていたクリアを局所的に再度吹きかけた状態です。こんな状態でもしっかりキレイにできます。

ヘッドライトウレタンクリア加工_2000番で全体を研磨

垂れた部分を平らになったか確認しながら2000番で研磨しました。
平らなあて木や消しゴムなど、平らになるものに耐水ペーパーを巻いて研磨するとよいそうですが、そうはしたものの結局最後は面倒になって指先の感覚で研磨していました。

コンパウンド仕上磨き

ヘッドライトウレタンクリア加工_コンパウンド研磨後

こんなにキレイになります。
コンパウンドは、細目→極細で様子を見て、場所によっては粗目からやり直すなど、状態を確認しながら作業しました。結構のんびり根気よくやっています。
塗装前のコンパウンド作業と同様に、布は何枚も用意したほうがいいです。

ヘッドライトウレタンクリア加工_コンパウンド研磨前・後

手前は仕上げ後、奥はコンパウンドをかける前です。
こんなに違います。
陥没ヶ所ですが、コンパウンドで仕上げ磨きした後、コーティングが薄いのが気になったので、 最終的には 残ったウレタンクリアーをペットボトルのキャップに出して、溜まったクリアをつまようじの先で陥没ヶ所に塗って、再度コンパウンドをかけています。
小さいヶ所なのであまり丁寧に修正しませんでした。 遠目から見て分かるようなものではないです。

あとは耐久性ですよね。結構な厚みでコーティングできているので、かなり持つだろうと期待しています。その前に車がダメになるかなぁ。
さらには、ライトは完成したけどまだ取り付けていませんね。光軸調整もそこそこいい塩梅にするには、どうしたらよいものかと考えないとならないです。

ヘッドライトの黄ばみ対策 ウレタンクリア塗装 【準備編】