ヘッドライト アジャスター(レベライザー)【取外し・分解・動作】 エリシオン

2018年12月13日

ヘッドライト アジャスター (レベライザー) 故障 部品代やら工賃やら

アジャスターの位置

助手席側ヘッドライトのレベライザーの光軸調整ができないので交換が必要。
ということでしたのでちょと調べてみました。

正式な名称は「アジャスターユニット、ヘッドライト」 品番:33130SJK-J01 の様です。¥14,040 (税込み) 工賃別。Monotaroでも同様の価格で扱っていました。工賃は¥8,000ぐらいです。合計¥20,000以上!

ヘッドライト アジャスター (レベライザー)の光軸調整の動き

画像の穴に+ドライバを差し込んで、光軸を上下に調整できるのですが、内部のプラスチックのギヤが一部欠けてしまい、途中までしか回らない状態になっていました。これ言葉で説明しても分からないですよね。分解して空回りする様子を動画にしましたので、そちらで見てください。

ヘッドライト アジャスタ(レベライザー) 動画

ドライバの差し込みヶ所は3ヶ所ありますが、ライトについたままだと、1ヶ所しかいじれません。内部のギヤの欠けている部分がその1ヶ所に回ってきてしまうと空回りしてしまいますが、動画の最後の方にあるように、アジャスタの裏側の6角部分を回せば問題なく回ります。

ヘッドライト アジャスター (レベライザー)の動き

ヘッドライト アジャスター 動きの説明

①:電動動作 白い部分が出たり入ったりします
②:手動調整 銀色の芯の部分のみ出たり入ったりします

ヘッドライト アジャスター(レベライザー)の動き 電動調整時

ヘッドライト アジャスター(レベライザー)の動き 電動調整時

配線配下です
上段 黄色線     電源右側:12V
下段 緑線(ワニ口黒)  電源左側:アース
中段 緑線(ワニ口緑) 先端に適当な抵抗を接続して12V or アースに接続
白い部分が出たり引っ込んだりします。

回路のしっかりした知識はなく適当な事やっていますので、こちらを参考にされる際には、ご自身の責任で試してください。

ヘッドライト アジャスター (レベライザー)の動き 手動調整時

ヘッドライト アジャスター(レベライザー)の動き 手動調整時

中心にある銀色の軸のみ出たり引っ込んだりします。

ヘッドライトアジャスター (レベライザー) の外し方

アジャスター 外し方

くいっと右に回して上の方に引き出せば簡単に外れます。
ドライバーが差し込んでありますが関係ありません。
エリシオンの場合、助手席側はこのパーツの上にヒューズボックス等がありますので、10mmナット2ヶ所を外して、この画像の上の方に避けて作業しています。

要注意! 後からわかりました。
単純に押し込むだけではダメです。鉄の棒の部分を長く伸ばしておいて、奥の上の方に突っ込んでから、下に落としてしっかりはめる必要があります。元の位置に戻したら、手動調整時のオレンジの部分で鉄の棒の部分を縮める必要があります。画像を撮ったらUPしようと思います。

アジャスターの爪数か所を外せば2つに分解できます。
オレンジ色の部分も外したかったのですが、破壊しないとはずれないかなぁ。
という事でやめました。
光軸調整は裏側の6角部分を回せば調整できるので交換が必要ということではなく、通常の差し込み口から調整ができないので交換お勧めということだった様です。
車検通すために早目の手配しないと!ということで、ヤフオクで落札してしまいましたが、どうやら不要になりそうです。ちゃんちゃん。

2018年の9月からブログを始めてWordPressを使い始めたのでGutenbergというエディタから入門しています。ようやく画像とレイアウト編集ができるようになったので、ヒューズボックス等の画像も載せました。

右側の大きなヒューズボックスと、左側もそうかな。

ちなみにHTMLもある程度は分かりますが、直書きは面倒ですねぇ。

光軸調整の上下動作を確認

ヘッドライトがくすんできたので、中古のヘッドライトを入手して、ウレタンクリアーで加工してから交換する準備を始めました。
入手したヘッドライトに、アジャスターが付いている状態で、どの程度光軸が上下するのか試してみました。
ロービームとハイビーム両方が上下するようです。ディーラーにそう聞きましたが、ヘッドライトを正面から見ているとハイビームしか動かない様に見えたので、実際試してみたかったのです。
機構がどうなっているかは、外から見ていても分かりませんでした。

ヘッドライトアジャスター_下→上
ヘッドライトアジャスター_上→下